こんな時代だからこそ、求められる専門家

社会保険労務士試験に、独学であれ専門の対策講座を受講するであれ、晴れて合格を果たした後には、幅広い活躍の場が用意されています。
よく「士業といえども、今は弁護士だって食えない時代」と言われますが、これについては半分は正しく、そして半分は間違っていると言えます。
確かに、完全な資格頼みで取得後は努力もせず仕事をしていけるかといえば、決してそうではありません。
しかしながら、資格取得後も前向きに努力し続けることが出来る方であればきっと大丈夫です。


昨今、社会保険労務士へのニーズは格段に高まりつつあります。労働問題や社会保険関連のニュースがたびたびワイドショーを賑わせていますが、こうした課題を解決する専門家こそが、社会保険労務士なのです。

社会保険労務士というと、どうしても「手続き業務が中心」「誰が処理しても同じ」といった印象がありますが、これはあくまでひと昔前までの話。最近では「第三号業務」と呼ばれるコンサルティング業への需要がぐんと高まっており、社会保険労務士試験で培った専門知識を活かして、企業の経営に関与する場面が増えてきていると言えます。
こうした活躍の仕方を見ていると、社会保険労務士とはいわば「企業の主治医」であるといっても過言ではないのかもしれません。


一方で、社会保険労務士へのニーズは個人の顧客相手にも広がりつつあります。

例えば「年金」ひとつとってみても、複雑な制度についての相談や手続きに関する問い合わせが急増しています。こうした個人の悩みに応対するのも、社会保険労務士の仕事であると言えるのです。
この他、“パワハラ”や“マタハラ”、“ブラック企業”というワードが社会的に一般的になってきた背景にも、社会保険労務士への需要を垣間見ることが出来るでしょう。


社会保険労務士へのニーズは、皆さんの想像以上に多岐に渡ります。「合格しても仕事がなかったら・・・」と不安に思わず、安心してこの試験に挑戦しましょう!

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたにお勧め >【No.1 通信講座】フォーサイト