取得後は労働保険・社会保険のエキスパートに

社会保険労務士,独学

これから社会保険労務士試験に独学で挑戦されるにあたり、まずはこの試験がどのようなものなのか、そして合格後にはどんな未来が待っているのかを知っておく必要があります。

社会保険労務士試験の独学受験生活は、おそらくどんな受験生にとってもある程度は長丁場になることが予想されます。
時には勉強が辛く感じられることもあるでしょうが、そんな時に皆さんの心を支えてくれるのが“モチベーション”。
そして、「絶対に社会保険労務士になるぞ」という気持ちを奮い立たせる原動力となるのが、社会保険労務士への夢や憧れなのです。


社会保険労務士とは、一言でいうならば「労働保険や社会保険の専門家」です。
保険関係の手続きや有する専門知識を活かし、働く人と事業主の双方、さらには社会で生活するすべての人々のために役に立つことが出来ます。弁護士や会計士等と比較すれば知名度としては若干下がりますが、立派な士業のひとつに数えられる専門職なのです。
社会保険労務士試験独学後、晴れて合格すると、企業内において、もしくは事務所を開業して、手続き業務からコンサルタント業務に至るまで、その専門性を活かしながらやりがいある仕事に携わることが出来るようになります。
今現在ご自身の仕事にイマイチ自信を持てない方、自分にしかできない仕事をしたいと考えている方には、ぜひ取得をオススメしたい国家資格です。


皆さんは、どんなきっかけから社会保険労務士を目指すことにしたのでしょうか?
すでに強い想いをお持ちの方は、ぜひその心を忘れずに、社会保険労務士試験独学の道のりを歩んでまいりましょう。
「ただ何となく目指すことにした」といったケースであっても、今一度、“社会保険労務士”という仕事がどんなものなのかに注目してみて下さい。
「絶対社会保険労務士になりたい」という気持ちが、アナタをぐんと合格へと近づけるのです。

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたにお勧め >【No.1 通信講座】フォーサイト