社労士受験専門校「iDE社労士塾」

社会保険労務士,独学

iDE社労士塾の魅力

・ 理解度重視の細かな説明
・ とことん勉強したい人向けのボリューム満点教材


社会保険労務士独学時代より、だいぶ気になっていた「iDE社労士塾」。
社会保険労務士受験の専門校として有名で、その教材のクオリティの高さは受験生の間でもかなり評価され、クチコミによる評判も上々のようです。
 
「iDE社労士塾」の特徴は、同塾を主宰する井出先生による分かりやすい解説講義です。
それぞれの法や制度が成立した背景をきちんと説明することで、暗記に頼らない試験対策が可能になります。社会保険労務士独学の場合では考えられないような、目からウロコの情報を得ることが出来るでしょう。
また、受講前には基本テキストに過去問の出題箇所を自分でチェックさせる「突合せ」という作業をやることになるので、試験対策としてはかなり徹底していると言えます。

「iDE社労士塾」では、一つひとつの教材にボリュームを持たせることで、一層の理解と問題演習量をクリアしていきます。何も知らずに基本コースとセットで答錬や直前講習などをフルにオーダーしてしまった方などは「全てに手を付けられなかった」「使いこなせなかった」ということにもなりかねないので注意が必要です。
各内容もそれなりにレベルが高いので、社会保険労務士に独学で挑戦されてきた方や初学者が急に飛び込んでしまうと、ついていくのにかなり苦労すると思います。
フルタイムで仕事をしながら講座をとるケースでも、茨の道となることでしょう。

 社会保険労務士独学からシフトされる際には、通信か通学かでどちらにするかを迷われるケースもあるかと思います。個人的な意見ですが、私としてはこの塾であれば通信教育がオススメです。通学の場合、塾長である井出先生の講義が受けられるとは限らないのですが、通信の場合には全て塾長による講義です。もちろん、他の先生もしっかりされているのですが、やはり「iDE社労士塾」といえば井出講師ですからね。

 何かと評判の高い「iDE社労士塾」ですが、「解説が細かく必要以上にこだわり過ぎて上手くいかなかった」、「教材についていくのがやっとだった」「テキストがモノクロで単調なイメージを受けた」「受講量が高い」などのマイナス意見はあります。
やはり相性が大切かなとは思いますが、社会保険労務士独学時代に十分な勉強が出来ず不完全燃焼だった方や、時間に余裕のある方は検討されてみると良いかもしれませんね。

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたにお勧め >【No.1 通信講座】フォーサイト