独学なら「石の上にも5年」の覚悟を

社会保険労務士,独学

「社会保険労務士なら、独学でも仕事しながら3年程度で受かる」
私が社会保険労務士に独学で挑戦することにしたきっかけは、ネット掲示板やホームページなどでこんなフレーズを目にしたことにありました。
社会保険労務士といえば、一度取得すれば、独立開業するも会社や事務所に勤務するも、自分の好きなスタイルでやりがいある仕事に挑戦できる資格。
当初こそ、難関国家資格のひとつである社会保険労務士に独学で挑戦なんて「自分に出来るのかしら」という感じでしたが、冒頭に挙げたフレーズと出会い「意外と簡単に取得できそう」なんて勘違いをしたのが始まりでした。

そこから、私の辛く長い独学受験生活がスタートしました。

 社会保険労務士試験に独学で3度失敗した私の経験から、今はっきりと言えることは
「社会保険労務士資格は、完全独学なら5年は覚悟すべし!」ということ。
“石の上にも3年”ということわざがありますが、社会保険労務士独学に限っては”5年”は要するのではないかと思います。
私の周りやネット上にも社会保険労務士独学受験生はいましたが、その中には5年以上受験を続けている長期受験生の割合は多かったです。
社会人で仕事をしながら受験している方がほとんどですから、多少年数がかかってしまってもやむを得ない部分もあるかとは思います。
それでも、長期受験となると色々と大変です。

社会保険労務士は難関資格ゆえ、
誰もが独学で簡単に合格できるような資格ではありません。

社会保険労務士資格に独学で挑まれる方、
5年以上受験生活を続ける覚悟は出来ているでしょうか?

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたにお勧め >【No.1 通信講座】フォーサイト