最大の敵は「忘却」

社会保険労務士,独学

社会保険労務士試験に独学で挑戦する場合、勉強を始めてすぐに感じることは
「この前読んだ内容を、もう忘れている」という、忘却の恐ろしさであると思います。
これは膨大な法律の知識を要する社会保険労務士試験ならではの課題であり、独学に限ったことではないのかもしれませんが、独学の場合にはその恐怖を共有する場がないため、ひとりきりで負のスパイラルにはまっていくことになってしまいます。
私自身、社会保険労務士試験に独学で挑戦していた頃は、いつでも忘れることへの恐怖に悩まされていました。
誰も皆、一度で覚えきれる人なんていない
そう思い込みたいのですが、数日前に理解していたことがすっかりと抜け落ちてしまうことはかなりショックで、とてもポジティブには考えられなくなってしまうのです。

 ともあれ社会保険労務士の独学時代から(今も)心がけていることは、
「忘却を恐れないこと」
忘れてしまうことを前提として、それ以上に何度も何度も反復して覚えこむのです。
徹底的にインプットすると、それはいつか自分の知識として定着しますから、そのレベルに到達するまではあやふやな知識はとにかく復習です。
数々の法をマスターしなければならない社会保険労務士試験においては、独学者にも予備校通学者にも共通して言えるポイントだと思います。

「学問に王道なし」
社会保険労務士を志すようになり、この言葉の意味を心底痛感する日々です。
合格するためには、必要な知識を一つひとつ確実に覚えていくしかないのですね。

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたにお勧め >【No.1 通信講座】フォーサイト