合格率わずか平均7~8%!社会保険労務士は意外と難関資格

社会保険労務士,独学

「社会保険労務士試験、自分でも独学で合格できるのでは?」
イメージとしてはそんな先入観を抱きがちですが、実際には合格率一桁の難関資格のひとつです。
もちろん、法律初学者の受験が多いことや、受験生は仕事をしながら挑戦している場合がほとんどであることなどが背景としてあるのは事実です。しかしながら、それでも資格試験で合格率7~8%というと、結構敷居の高い部類に入りますよね。

社会保険労務士資格に独学で挑戦する場合、相当自分の勉強スタイルに自信があるか、もしくは「とにかく受かるまでやり抜く!」という根性があるかでないと、道のりはかなり困難を極めるでしょう
最近の資格ブームで社会保険労務士資格の受験生も年々増加傾向にありますから、受験生の質は確実に上がってきています。
全体の合格率一桁の中で、社会保険労務士に独学で合格する方は一体どのくらいの割合なのでしょうか・・・。
もしも今、独学の受験勉強で弱気になっているところにこの記事を読んでいる方がいらっしゃったらスミマセン。でも、これは真実であって、受験をする以上、こうしたデータから目を背けることは出来ません。

通学であれ通信であれ、資格学校で勉強する場合、その学校独自の戦略のもとで実際の社会保険労務士試験を戦うことが出来ます。独学の場合には、自分自身で戦略を考えるところからスタートしなければならないという難しさがあります。
そういう自由なスタイルが独学の良さであり、同時に問題点でもあります。

社会保険労務士合格率一桁の枠に独学で入れる自信、
あなたには本当にあるのでしょうか?

社労士の勉強をするのに以下のような悩みをありませんか?
●仕事が忙しく時間がない
●知識がまったくない
●学習を続けられる自信がない
●一発合格したい

そんなあなたにお勧め >【No.1 通信講座】フォーサイト